MENU

Excelで行間を詰める方法は?行間が変更できない場合はどうすればいい?

Excelでデータを見やすく表示するためには、行間を適切に調整することが重要です。

しかし、どのように行間を詰めるのでしょうか。

また、行間が変更できない場合はどのように対処すればよいのでしょうか。

本記事では、これらの疑問に答えます。

目次

Excelで行間を詰める方法

Excelで行間を詰める方法は簡単です。

具体的な手順を以下に示します。

手順1:行を選択する

まずは詰めたい行間の行を選択します。

単一の行だけでなく、複数の行を選択することも可能です。

手順2:行の高さを調整する

選択した行の右クリックメニューから「行の高さ」を選択し、新しい行の高さを入力します。

これにより、行間が詰まるように調整できます。

行間が変更できない場合の対処法

しかし、時折行間が変更できない状況に遭遇することがあります。

そのような場合の対処法を以下に示します。

対処法1:改行が入っていないか確認する

セル内に改行(Enterキーを押したもの)が入っていると、行間が詰まらない場合があります。

セル内の改行を削除すると、行間を詰められるようになります。

対処法2:書式設定を確認する

セルの書式設定が「セルの内容に合わせる」になっていると、行間を自由に調整することができません。

書式設定を「通常」に変更すると、行間を調整できます。

以上、Excelで行間を詰める方法、及び行間が変更できない場合の対処法について解説しました。

これらの方法を活用して、Excelでの作業効率を一層高めてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次